エクサウィザーズ HR note

「AIを用いた社会課題解決を通じて、幸せな社会を実現する」をビジョンに掲げるエクサウィ…

エクサウィザーズ HR note

「AIを用いた社会課題解決を通じて、幸せな社会を実現する」をビジョンに掲げるエクサウィザーズの採用グループが、メンバー ・カルチャー ・採用情報などを紹介します。

マガジン

  • Member | ExaWizards

    エクサウィザーズで働くメンバー(ウィザードたち)を紹介しています。ウィザードたちは何を求めてここに集まり、これから何を成し遂げようとしているのかーー。その想いや取り組みについて伝えていきます。

  • Newgrads | ExaWizards

    新卒や第二新卒のメンバーがエクサウィザーズ入社を決めた理由や、インターン体験記をご紹介しています。

  • Business Team | ExaWizards

    ビジネス部門のメンバーや取り組みを紹介しています。顧客企業の経営課題の解決を目指す「AIプラットフォーム事業」と社会課題を解決する新規AIサービスの提供を担う「AIプロダクト事業」、それぞれにおける役割やメンバーの想いはこちらでご覧ください。

  • Design Team | ExaWizards

    エクサウィザーズのデザインについて、デザインコンサル事例、プロダクト開発、UX、組織など、多岐にわたるデザイン情報を発信。AIを用いた多様な社会課題解決に向かうデザイナー達の現場や想いを伝えていきます。

  • Corporate Team | ExaWizards

    コーポレート部門のメンバーやその取り組みを紹介しています。弁護士、弁理士、公認会計士などさまざまな領域のプロが集まるコーポレート部門についてはこちらをご覧ください。

リンク

ウィジェット

Member | ExaWizards

エクサウィザーズで働くメンバー(ウィザードたち)を紹介しています。ウィザードたちは何を求めてここに集まり、これから何を成し遂げようとしているのかーー。その想いや取り組みについて伝えていきます。

くわしく見る

法人事業部が描くAI時代のビジネス戦略 ― 株式会社エクサウィザーズAIプラットフォーム事業統括部 前川知也インタビュー

AIの技術革新が加速する中、エクサウィザーズAIプラットフォーム事業統括部の中核の事業部である法人事業部は、業界の垣根を越えて事業開発を進めている。執行役員で事業部長の前川に、法人事業部の取り組みと、AIがもたらすビジネスの変革について話を聞いた。 *AIプラットフォーム事業の全体像を知りたい方はこちらの記事もどうぞ! AIプラットフォーム事業のスケーラブルな成長へ - 法人事業部のミッションとビジョン松永:知也さんが今年度から率いている法人事業部は、AIプラットフォーム

スキ
9

ExaWizards Spot #1 - EAI(良いAI)って? - 後編

エクサウィザーズのビジョンや働くメンバーの魅力をお伝えするコンテンツ「Exawizards Spot」。第1回は、エクサウィザーズの子会社である株式会社Exa Enterprise AIの代表・大植にAI事業のビジョンや今後の展望についてお話を伺いました。 ※本コンテンツは、収録されたPodcastを学習モデルによって文字起こししたものを、編集したものです。 Exa Enterprise AIでは新しい仲間を募集しています。詳しくはこちらの採用サイトから 前編では、Ex

スキ
7

事業変革の真っ只中で活躍したい人材を求む ― 株式会社エクサウィザーズ AIプラットフォーム事業統括部責任者 執行役員羽間へインタビュー

AI技術を用いてマルチセクターの大企業との協業を通じた社会課題の解決に挑戦を続け、年間350件以上のプロジェクトを推進するAIプラットフォーム事業は現在、ビジネスモデルと組織体制の大きな変革の渦中にある。AIを用いた事業の価値をさらに拡大し、スケーラブルなサービスモデルを構築・実現するための変革だ。AIプラットフォーム事業統括部責任者・執行役員の羽間に、変革の狙いや同事業が求める人材像について話を聞いた。 幅広いAIソリューションを展開 ― 事業の局面と新体制の狙い松永:4

スキ
13

ExaWizards Spot #1 - EAI(良いAI)って? - 前編

エクサウィザーズのビジョンや働くメンバーの魅力をお伝えするコンテンツ「ExaWizards Spot」。第1回は、エクサウィザーズの子会社である株式会社Exa Enterprise AIの代表・大植にAI事業のビジョンや今後の展望についてお話を伺いました。 ※本コンテンツは、収録された音声を学習モデルによって文字起こししたものを、編集したものです。 高松:みなさん、こんにちは。エクサウィザーズのビジョンや働くメンバーの魅力をお伝えするPodcast「ExaWizards

スキ
26

Newgrads | ExaWizards

新卒や第二新卒のメンバーがエクサウィザーズ入社を決めた理由や、インターン体験記をご紹介しています。

くわしく見る

新卒内定者が語る!AI時代を切り拓く、エクサウィザーズで描く理想のキャリアパス

事業家を目指す大学生にとって、新卒での企業選びは人生の重要な一歩です。今回は、慶應義塾大学4年生であり、株式会社エクサウィザーズの内定者である竹林悠真さんに、就職活動の経験やエクサウィザーズに決めた理由について、お伺いしました。多様なインターン経験をもとに、自身の将来を見据えた意思決定のプロセスについて深堀りしました。 多彩な経験が導いた、キャリアの転換点ー早速ですが、竹林さんの簡単な自己紹介をお願いします。 竹林さん:慶應義塾大学4年の竹林悠真です。大学では「ワークエン

スキ
19

【インターン体験談】AIの可能性を追求し、密度の高い経験ができる

株式会社エクサウィザーズは、AIを活用した革新的なソリューションを提供するテクノロジー企業です。当社のインターンシップは、参加者にAIの可能性を追求し、密度の高い経験を提供することで知られています。 今回は、2023年度のオータムインターンシップに参加された、慶應義塾大学4年の竹林悠真さんにお話を伺いました。竹林さんは、多岐にわたる経験を持ち、エクサウィザーズのインターンシップに参加した理由や、インターンを通じて学んだことについて詳しく語っていただきます。 ー2023年度

スキ
25

【ハッカソン優勝者インタビュー】 ハッカソン参加を通じて再認識した「本当にやりたいこと」

こんにちは。株式会社エクサウィザーズ 新卒採用チームです。 エクサウィザーズでは2025年卒のエンジニア志望学生向けに『教育・保育DXの未来を創る!画像解析プロダクトハッカソン』を開催し、「教育・保育現場を支援するための画像解析技術作成」をテーマに取り組んでいただきました。 この記事では、画像解析ハッカソンで優勝した菱沼 秀和(ひしぬま ひでかず)さんにハッカソンでの経験についてお話をお伺いしました。 優勝者プロフィール菱沼 秀和(ひしぬま ひでかず) 九州大学大学院 

スキ
18

AIスタートアップのBizDev新卒第一号で入社した、「その後」 #001

こんにちは!エクサウィザーズの岩井です。 私はビジネス職であるBizDev/AIコンサルタントの新卒第一号として2023年4月に入社し、日々先輩方に鍛えてもらいながら事業開発に邁進しています。これから定期的に私の日々の活動を発信していきますので、スタートアップに新卒で挑戦したい・興味がある方の参考になれば嬉しいです! 初回記事では、主に2つの取り組みから学んだことを振り返ります。 ➀研修の一環として新卒エンジニア同期と共同で行ったハッカソン<概要> 研修の1つとして、4〜

スキ
14

Business Team | ExaWizards

ビジネス部門のメンバーや取り組みを紹介しています。顧客企業の経営課題の解決を目指す「AIプラットフォーム事業」と社会課題を解決する新規AIサービスの提供を担う「AIプロダクト事業」、それぞれにおける役割やメンバーの想いはこちらでご覧ください。

くわしく見る

【日本のDXを加速させる】企業のDX人材育成支援を行う、急成長中のHRTech事業組織を公開!

こんにちは。株式会社エクサウィザーズ 中途採用チームです。 株式会社エクサウィザーズのHRTech事業では、「少子高齢化による労働力不足に向き合い、「働く」を変革する先導者になる」というミッションを掲げ、日本のDX人材不足という課題に向き合っています。 今回の記事では、HRTech事業の内容や組織、チーム作りについてお話しをします! エクサウィザーズのHRTech事業当社のHRTech事業は、DX(デジタルトランスフォーメーション)人材育成における可視化・戦略策定・育成

スキ
49

【エクサウィザーズ卒業生対談】キャリアを拓くエクサウィザーズのBizDev経験 実現したいことを徹底的に突き詰め、社会実装まで責任を持つ

エクサウィザーズでは、多様な価値観、志向性をもつメンバーが働いています。メンバーの中には、事業を創る経験を積んだ上で将来は起業したいと考えている人もいます。 今回は、エクサウィザーズで主にBusiness Development(事業開発:以下BizDev)として大型提携、新規事業立上げなどの重要プロジェクトを複数ご担当され、卒業後は株式会社Ballistaを設立した中川貴登さんにご登場いただきます。 仕事を密に共にしたエクサウィザーズ取締役の大植との対談を通じて、エクサ

スキ
15

AIと認知科学と哲学 ヒトを深く理解することとAIデザインが渾然一体な理由

地域DX推進部西日本グループの安松です。もともとは社会学、学習科学、経営科学などが専門分野なのですが、この10年ほどは、調査・分析からワークショップ・ファシリテーション、コンセプト・デザインから機械学習モデリングまでを担当し、新商品サービス・新規事業開発、AI開発、業務改革などのプロジェクトに携わっています。 今回は認知科学と哲学がAIにどのような関わりがあるのかについておすすめの書籍とともにご紹介したいと思います。AI業界に興味がある方や、自分の専門分野をどのように活かし

スキ
31

今、まさに成長中!なFinTech事業部 AI×金融業界の分野でどんな成長をしているの!?

こんにちは!エクサウィザーズでインターンをしているDanielです。 今日は成長中のFintech事業部のメンバーへのインタビューをした模様をご紹介します。事業部の目指すものやどんなプロジェクトがあるかについては、FinTech事業部長の前川さんの記事でもご紹介していますが、今回1人ひとりのメンバーにフォーカスしてお話を聞きました! エクサウィザーズのFinTech事業部は、「金融領域にAIを活用して日本経済を元気にすること」をミッションとして掲げ、金融機関の方々と一緒に、

スキ
7

Design Team | ExaWizards

エクサウィザーズのデザインについて、デザインコンサル事例、プロダクト開発、UX、組織など、多岐にわたるデザイン情報を発信。AIを用いた多様な社会課題解決に向かうデザイナー達の現場や想いを伝えていきます。

くわしく見る

生成 AI 時代のデザインシステム

AI がデザイン業界に新たな時代をもたらしています。ChatGPT や GPT-4 Vision などの生成 AI が、テキストやスケッチから HTML や CSS コードを生成することで、デザイナーやエンジニアの作業効率を大幅に向上させています。デザインシステムに対しても、生成 AI はどのような変化を与えてくれるのでしょうか。 エクサウィザーズでは 2 年ほど前からデザインシステムの開発をしています。私自身は 10 年以上デザインシステムや UI ライブラリの開発に携わ

スキ
56

デザインシステム - アイコンのビフォーアフターを紹介します

こんにちは、株式会社エクサウィザーズ プロダクトデザイン部の高田です。 エクサウィザーズではアイコンライブラリを公開しています。詳しくは過去の記事をご覧ください。 上記記事内でも触れていますが、私たちはライブラリ公開後も毎月コンスタントに新規アイコンを作成し、ライブラリを拡張しています。また、新規作成だけでなく、ガイドラインに準拠していない、視認性が悪い等、過去に作成したアイコンに対しても都度アップデートを加えています。 この記事では、一度はデザインされたものの、何らかの理

スキ
56

DX時代必携のイノベーションツール:新「AIカード」とビジネスへの貢献

エクサウィザーズのデザイン部でサービスデザイナーをしている鍵和田です。 今回の記事では、「DX時代に必携のイノベーションツールであるAIカードと、そのビジネス成果への貢献」についての考察を共有します。 「AIカード」や「AX Sprint」がビジネス現場でのDX推進に役立つこと、ひいては日本企業の業務変革や企業価値向上に寄与する可能性を秘めていること、これらを知っていただきたく、筆を取りました。 この記事を読んで、少しでも興味を持っていただけた企業の皆さまには、ぜひディ

スキ
20

デザインシステム -アイコン Figma ファイルを公開しました-

エクサウィザーズのアイコンライブラリの Figma ファイルを公開しました。 個人や商用利用に関わらず、どなたでも自由に使用できますので、ぜひご活用ください! 👇こちらのリンクからアクセスできます アイコンライブラリについてexaBase Design System は、エクサウィザーズが開発・運用しているデザインシステムで、その一部として、汎用的でシンプルかつ自然なデザインをコンセプトに開発したアイコンライブラリを一般公開しています。 過去の note でもアイコンの

スキ
43

Corporate Team | ExaWizards

コーポレート部門のメンバーやその取り組みを紹介しています。弁護士、弁理士、公認会計士などさまざまな領域のプロが集まるコーポレート部門についてはこちらをご覧ください。

くわしく見る

2023年、社会課題解決のキーワードは「即」

雲を出でて我にともなふ冬の月 風や身にしむ雪や冷たき 上場して1年が経ちました。今この瞬間に思う歌をひとつあげるとするならば、明恵上人のこの歌を選びたいと思います。2022年は本当に様々な事件がありました。ウクライナでの戦争に始まり、安倍元総理の銃撃事件、そして、米国のインフレに伴う長期金利の上昇と資本市場の変化。コロナを乗り越えてようやく雲を出でたところ、さらなる風や雪の冷たさが身に沁みる1年だったと、皆様も感じられたのではないかと思います。 一方で、「月の歌人」

スキ
17

社内プロジェクトが顧客への外販に!? アイディアから会社や社会を動かすべく立ち上がった〝Pjtユニコーン〟とは

エクサウィザーズには、コーポレート系メンバーを中心に行っている「Pjtユニコーン」(プロジェクトユニコーン)という、「社内業務の改善への取り組み、効率化や顧客への外販などにもつなげていくProject」があります。 私は、今回の活動のProjectリーダーを務める小林邦洋と申します。今回はこのpjtユニコーンの取り組みについてご紹介します。 ■Pjtユニコーンとは エクサウィザーズには、「AIを用いた社会課題解決を通じて幸せな社会を実現する」というミッションがあります。し

スキ
7

初の統合報告書 あえてこのフェーズで発行に至った理由と見えてきたエクサウィザーズの強み

こんにちは。エクサウィザーズで経営企画・IRを担当している五十嵐です。エクサウィザーズでは、上場初年度となる今年、初めての統合報告書を発行しました。アドベントカレンダーも中盤に差し掛かった今回は、統合報告書の概要を説明しつつ、エクサウィザーズの魅力をお伝えできればと思います。このnoteと併せて、サステナビリティページ・統合報告書本編もご覧いただけると幸いです! 統合報告書とは? 皆さんは統合報告書を読んだことがありますか?近年、SDGsなどがメディアでも取り上げられるよ

スキ
7

すべての子どもが自分らしく学び、成長していくために 自動写真サービス「とりんく」で挑む新たな教育データの利活用とDX化

こんにちは、社長室の生田です。私は、約3年半前に文部科学省からエクサウィザーズにやってきました。それ以降、主に「公共・スマートシティ」分野を切り口とした社会課題解決に関わる取組・プロジェクトに参加しているのですが、やはり、思い入れの強い「教育」に関わるサービスの開発にも携わりたく、エクサウィザーズのグループ会社である「Vizion Wiz」の自動写真サービス「とりんく」の開発・展開にも参加させていただいています。 今回は、この「とりんく」が実現する価値創出の在り方や、将来

スキ
14