マガジンのカバー画像

Design Team | ExaWizards

32
エクサウィザーズのデザインについて、デザインコンサル事例、プロダクト開発、UX、組織など、多岐にわたるデザイン情報を発信。AIを用いた多様な社会課題解決に向かうデザイナー達の現場… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

生成 AI 時代のデザインシステム

AI がデザイン業界に新たな時代をもたらしています。ChatGPT や GPT-4 Vision などの生成 AI が、テキストやスケッチから HTML や CSS コードを生成することで、デザイナーやエンジニアの作業効率を大幅に向上させています。デザインシステムに対しても、生成 AI はどのような変化を与えてくれるのでしょうか。 エクサウィザーズでは 2 年ほど前からデザインシステムの開発をしています。私自身は 10 年以上デザインシステムや UI ライブラリの開発に携わ

デザインシステム - アイコンのビフォーアフターを紹介します

こんにちは、株式会社エクサウィザーズ プロダクトデザイン部の高田です。 エクサウィザーズではアイコンライブラリを公開しています。詳しくは過去の記事をご覧ください。 上記記事内でも触れていますが、私たちはライブラリ公開後も毎月コンスタントに新規アイコンを作成し、ライブラリを拡張しています。また、新規作成だけでなく、ガイドラインに準拠していない、視認性が悪い等、過去に作成したアイコンに対しても都度アップデートを加えています。 この記事では、一度はデザインされたものの、何らかの理

DX時代必携のイノベーションツール:新「AIカード」とビジネスへの貢献

エクサウィザーズのデザイン部でサービスデザイナーをしている鍵和田です。 今回の記事では、「DX時代に必携のイノベーションツールであるAIカードと、そのビジネス成果への貢献」についての考察を共有します。 「AIカード」や「AX Sprint」がビジネス現場でのDX推進に役立つこと、ひいては日本企業の業務変革や企業価値向上に寄与する可能性を秘めていること、これらを知っていただきたく、筆を取りました。 この記事を読んで、少しでも興味を持っていただけた企業の皆さまには、ぜひディ

デザインシステム -アイコン Figma ファイルを公開しました-

エクサウィザーズのアイコンライブラリの Figma ファイルを公開しました。 個人や商用利用に関わらず、どなたでも自由に使用できますので、ぜひご活用ください! 👇こちらのリンクからアクセスできます アイコンライブラリについてexaBase Design System は、エクサウィザーズが開発・運用しているデザインシステムで、その一部として、汎用的でシンプルかつ自然なデザインをコンセプトに開発したアイコンライブラリを一般公開しています。 過去の note でもアイコンの

デザイン思考 x ChatGPTによる新しい課題解決アプローチ

エクサウィザーズ デザイン部サービスデザイングループの袖山です。 この記事では「デザイン思考 x ChatGPTによる新しい課題解決アプローチ」について書いていきます。 なぜこの記事を書こうと思ったかというと、ChatGPTによりデザイン思考が大きく進化すると確信したからです。 ChatGPTの活用検討は、AIスタートアップのエクサウィザーズにとっても優先度の高いテーマであり、私が所属するデザイン部においてもクライアント向け支援プログラム「AX Sprint」へのCha

互いの長所で支え合う。デザイン組織の交流とUI/UXデザイナーの成長環境

こんにちは!エクサウィザーズのデザイン部でUI/UXデザインをしている金(きむ)です。   今回は私の所属しているデザイン部のUI/UXデザイナーとしての日々をお話できればと思います。エクサウィザーズのデザイナーならではの充実感が少しでも伝わると嬉しいです。 いつでも「Yes, and…」心理的安全性の高い働く環境デザイン部はスキル・経験・専門知識が多様なメンバーが集まり、ビジョンデザインからサービスデザイン、UXデザイン、インタラクションデザイン、UIデザインまで幅広い領

エンジニア? デザイナー? 目的をスムーズに達成し、感情を動かすプロダクト

AIを用いて社会課題を解決するエクサウィザーズのデザイナーに、ともに働くデザイナーがインタビューをする企画[Designer x Designer]。 エンジニアからキャリアをスタートし、UIデザイナー・デザインエンジニアとして、AIプロダクトをデザインする高田さんに、コミュニケーションデザインを担当する川上がインタビュー。エンジニアの経験がデザインにどう活きているのか?を伺いました。 ーーキャリアのスタートはエンジニアですよね?どういったご経歴なんでしょうか? ゲーム

AIスタートアップがつくる「AI x デザイン」で顧客課題を解決するデザインスプリント。「AX Sprint」のサービス開発秘話。

2023年がはじまり早1ヶ月が経ちました! 第3次AIブームが15年以上続き、昨年はGoogleとMetaがテキストから動画を生成できるAIを発表したり、OpenAIが最新の大規模言語モデル「ChatGPT」を公開し、SNSには、色々とAIを使った実験を楽しむ人々が溢れたことも記憶に新しいかと思います。 毎日のように、業務へのAIの活かし方、新しいAIを使ったマイクロビジネスの可能性を目にしています。 次世代の自然言語処理技術、生体認証、画像認識、強化学習、AIによる医療や

創造するAIとデザインする、新しい時代。「デザイナーのこれから」

エクサウィザーズのAI Designグループでデザイナーをしている川上です。主にコミュニケーションデザインを担当しており、デザイン組織のPR活動としてDesign Team Noteも推進しています。 2022年もあと少し。ワールドカップでは新しい景色を見ることは叶いませんでしたが、新しい時代へのワクワクは止まりません。今日の記事は、創造するAIとデザインする、新しい時代。「デザイナーのこれから」を私見と妄想たっぷりで書いていこうと思います。 エクサウィザーズのデザイン組

UXリサーチを組織に根付かせるために AIベンチャーでResearchOpsを展開して学んだこと

こんにちは、エクサウィザーズでデザイナーをしている鍵和田です。医療系のプロジェクトでUXリサーチ・UXデザイン・プロダクトマネジメントをしています。 エクサウィザーズは、様々な方面で事業を展開しているため、UXデザイナーやサービスデザイナーがプロジェクトの中でUXリサーチに取り組んでいます。 私たちが今、エクサウィザーズで取り組んでいるResearchOpsは、想いのあるメンバーが主体となって会社全体を巻き込んでいったもので、そのプロセスから学んだことをここで共有します。

グッドデザイン賞を同時受賞!そのプロセスをご紹介。 [エクサウィザーズ / デザイン]

2022年度グッドデザイン賞において、エクサウィザーズのデザイン組織が携わる、保育・介護分野の3つのサービスが、グッドデザイン賞を同時受賞しました! このnoteでは、1次〜2次審査を中心にプロセスや工夫した点を紹介します。グッドデザイン賞を目指すデザイン組織やプロダクト組織の参考になれば嬉しい限りです。 エクサウィザーズのデザイン組織って?本題に入る前に少し、組織の説明をします。エクサウィザーズはグループ会社を含めて400人弱のスタートアップで、社会課題を解決するサービ

チームのシナジーを探る -デザインコンサルティンググループの四半期会とは-

2022年6月24日、エクサウィザーズのデザインコンサルティンググループ(以降DCグループと表記)は四半期会を実施しました。DCグループでは四半期ごとにオフサイトでミーティングを実施しています。DCグループにはさまざまなキャリアを持つメンバーがおり、多様な役割を担っているため、お互いの理解を深める機会としてオフサイトで実施しています。 今回は入社2ヶ月が経ったタイミングで四半期会に参加した石原から、DCグループの四半期会の一部をお届けしたいと思います。 エクサウィザーズの

デザインシステム【アイコンライブラリ】〜一般公開の裏側〜

エクサウィザーズで開発しているアイコンライブラリを、MIT ライセンスで一般公開しました。個人、商用利用にかかわらず、どなたでもご使用いただけますので、ぜひご活用ください! この記事では、アイコンライブラリを一般公開した目的や、社内で取り組んだことを紹介させていただきます。デザインシステムを公開しようと考えている方の参考になれば幸いです。 前回の「アイコンデザインルール設計」も、合わせてご覧ください。 デザインで社会に貢献する「デザインシステムを自社だけにとどまらず、社

すべての土台はメンバーへの「信頼」。デザインコンサルタントの働きがいと想い

「あの頃に比べたら全然楽だなって。今のメンバーとなら、どんな場面でも乗り越えられると思います」 「エクサウィザーズ」で活躍する“ウィザード”たちを紹介するストーリー。 今回はデザインチームでデザインコンサルを行う渥美航さんが登場します。営業やWebディレクター、バスケットボールコーチなど、多職種の経験を持つ渥美さんがなぜデザイン職を志し、今エクサウィザーズで働いているのかをお伝えします。 パイロットに夢破れ、営業職にも挫折。キャリアに迷った20代小さい頃はパイロット志望