マガジンのカバー画像

Engineer Team | ExaWizards

43
エクサウィザーズの社会課題エンジンとも言えるエンジニアリング組織について紹介しています。技術面でのイネーブラーを担うメンバーの想いやその取り組みはこちらでご覧ください。
運営しているクリエイター

記事一覧

「ともに戦える仲間がいる」元・ひとり情シスが語る、エクサウィザーズのインフラグループとは

「リーダーをはじめインフラ&セキュリティに関して強い意思を持った仲間がいるから、『コーポレートITエンジニアとしてともに戦っていける』と信じてます」 「エクサウィザーズ」で活躍する”ウィザードたち”を紹介するストーリー。 今回登場するのは、コーポレートITを担当する栗田さんです。エクサウィザーズ入社前、いわゆる「ひとり情シス」として2社で情報システム業務を担ってきた栗田さん。なぜ、ひとり情シスからエクサウィザーズのインフラ&セキュリティグループのひとり、になることに決めた

スキ
14

【通期インターン体験記】インプットとアウトプットの繰り返しだった日々は、インターンというよりも副専攻のようでした。

はじめに2020年11月より約1年半、技術統括部 AI Frontier部 構造化データギルドでインターンをさせていただきました千葉です。この記事では、機械学習・AI初心者レベルだった学生がエクサウィザーズでインターンをした経験やその学びをお伝えします。エクサウィザーズでのインターンが気になっている方の参考になれば幸いです。 自己紹介私は、東京工業大学 生命理工学院の博士後期課程1年生で、主な研究テーマはヒト腸内細菌と疾患の関連性の解析です。ヒトの健康や疾患には腸内細菌が関

スキ
4

【機械学習エンジニア内定者座談会】リアルな課題に没頭できる5週間。エクサウィザーズのインターンシップの魅力とは?

エクサウィザーズでは2022年8月、ENGINEER SUMMER 2022 INTERNSHIPを開催。そのキックオフの場で、2021年夏冬のインターンに参加した後、選考を受けて内定者となった23卒3名が、それぞれの就活やインターンでの経験、5週間のインターンを通してエクサウィザーズへ入社を決めた経緯などをお伝えしました。当日の様子をレポートします! インターンをきっかけに選考を受け、内定取得まずは、3人がどのような就活をしてきたのかを語ってもらいました。 隅田:私は大

スキ
4

グローバルスタンダードなセキュリティの確立を目指す。好奇心をエンジンに、次の一手を考え続けるエンジニアの挑戦

「エクサウィザーズのミッション実現の土台となるセキュリティシステムを構築して、仲間やクライアントの心配を最小限にする。そんな状況をつくりたいですね」 「エクサウィザーズ」で活躍する”ウィザードたち”を紹介するストーリー。 今回は、セキュリティエンジニアのIbrahima DIAさん、通称イブさんです。 2021年11月にジョインして約半年。「まさに今、やりたいことをやっている最中。毎日エキサイティング」と語るイブさんに、エクサウィザーズに参画した経緯や、インフラ&セキュリ

スキ
25

一気通貫だからこそステークホルダーの多いプロジェクトも遂行できる――“業界初”に挑むPdMとエンジニアの矜持

社会課題の解決には、揺るぎない意志をもち高いレベルのアウトプットを生み出すことが不可欠です。では、高いレベルのアウトプットを生み出すためには何が必要なのでしょうか。 エクサウィザーズでは、顧客の課題特定から実装と実用化までを対応する「一気通貫」の体制を軸に、それぞれの役割を持ったメンバーが自分事としてプロジェクトを遂行し、「AIを用いた社会課題解決を通じて幸せな社会を実現する」というミッションに向かって取り組んでいます。 今回は、現在進行中の医療系プロダクト開発案件でプロ

スキ
15

AI を利活用した Sustainable Business Infrastructure を目指して。ExaWizards インフラ&セキュリティ部のご紹介

2018年9月にソフトウェアエンジニアとしてジョインしました齊藤匡人です。私が入社した経緯などについてはこちらの記事でお話しています。お時間あります際にご笑覧ください。 私はエクサウィザーズにおいて、エンジニア組織である技術統括部のソフトウェアエンジニア採用面接も2年近くに渡って担当していますが、今回はメインの担当である当社の見えない屋台骨、インフラ&セキュリティ部 (以降、インフラグループ) のお話をさせてください。 インフラグループは、一般的な会社でいうところのコーポ

スキ
13

LOVEある新しいPlatform Engineerとクリエイティブな未来をつくりたい。

自己紹介初めまして、こんにちは! 私はエクサウィザーズでPlatform Engineering部の部長をしているイギリス人のパトリック・キューティーです。 幼い頃に世界地図に載っている日本を見て以降、日本に住むことを夢見て、今、エクサウィザーズでその夢を叶えています。日本に来てまだ4年です。ですから、日本語はまだ完璧ではないけれど、今のエクサウィザーズのPlatform Engineeringをもっとたくさんの人に知ってほしいと思い、記事を書くことに挑戦させていただきます

スキ
16

社会課題解決に向け、同時に50の機械学習プロジェクトを行うAI Frontier部の「ギルド」な組織構成

はじめにこんにちは!AIエンジニアリングフェローの遠藤太一郎です。本日はAIスタートアップであるエクサウィザーズのコアとも言える機械学習エンジニア組織、AI Frontier部に関してお話したいと思います。 まずはじめに、簡単に自己紹介させてください。 私がAIを学び始めたのは大学入学後すぐの約25年前。機械学習という単語もほとんど使われていない時代でした。その後アメリカに留学して本格的に機械学習を学び、在学中に起業しました。当時Twitterもまだない時代にAIニュース

スキ
15

ぶっちゃけちゃいます!AIスタートアップのエクサウィザーズと介護業界のリーディングカンパニー「ヤマシタ」がJVを設立したわけとは!?

はじめにこんにちは!15日目のアドベントカレンダー記事は、エクサウィザーズでコーポレート統括のリード、今回ご紹介する子会社のエクサホームケアでは取締役を務めております、石野悟史が担当させて頂きます。宜しくお願い致します。 本日は、「AIの社会実装を促進するための子会社設立」についてお話させて頂きます。まずは自己紹介も兼ねまして、子会社設立までの経緯を簡単にご説明します。 私は、3年前に「AIを用いた社会課題解決を通じて、幸せな社会を実現する」をミッションに掲げていたエクサ

スキ
39

「CareWiz」 AIでつながる、私たちの新しいケア。

はじめに人と人を結ぶ城、ゆうきと申します。 株式会社エクサウィザーズ AIプロダクト事業部 CareWiz企画部 ハナストグループでプロダクトオーナーをしています。約3年前に「世の中を変える!法律を変える!」と入社時の挨拶で宣言したことを今も鮮明に覚えています。 その後、超高齢社会の1丁目1番地の社会課題の先兵として「CareWizを用いた社会課題解決を通じて、幸せな社会を実現する」ことに挑んでいます。 そんな私自身の思いや熱意は、以前こちらでお話したのでご参照下さい。

スキ
13

DX推進リーダーが集う国内最大規模のコミュニティ「exaBaseコミュニティ」とは

はじめにこんにちは、エクサウィザーズ DX人材育成プロダクト部 部長の木村です。はじめに少し自己紹介させてください。 私は親戚の多くが教員の家系で、自身も幼いころから教師を目指していました。自分の経験や知識を伝え、誰かが喜んでくれることが何より嬉しく、幼稚園のころから学ぶ動機は「早く教える側に回りたいから」であり、授業の内容以上に先生の教え方に注目しているような子どもでした。 しかし、社会経験が少ない自分が教壇に立つことに疑問を覚え、企業に就職。研修会社でコンテンツ開発・

スキ
21

日本の生き残りをかけて、愉快な仲間たちと挑むDX

はじめにはじめまして、エクサウィザーズで「exaBase DXアセスメント&ラーニング」のプロダクトマネージャーを担当しております北林と申します。 15年ほどエンジニアを経験した後、DeNAで自動運転×物流領域のプロダクト「ロボネコヤマト」の立ち上げ、ビズリーチでハイスキルITエンジニア向け転職プラットフォーム「BINAR」の立ち上げをプロダクトマネージャーとして担当してきました。 子供が3人いるのですが、次の世代に今より良い社会を残したい、という一心でプロダクトづくりを

スキ
12

次世代の医療&介護・ライフサイエンス&ヘルスケアのあり方の実現に向けた挑戦

こんにちは。株式会社エクサウィザーズの執行役員でCare & Med Tech事業部長をしております羽間です。 3年半前に入社し、当社の中でも大きな事業割合を占める医療・介護、ライフサイエンス・ヘルスケア領域の立ち上げから事業責任者として活動を推進してきています。学生時代は京都大学情報学研究科で企業との共同研究を中心に多変量解析や機械学習の応用研究に従事し、就職したA.T.カーニー株式会社で経営コンサルタントとして幅広い産業とテーマを経験した後、27歳のときにエクサウィザー

スキ
23

「実はここがエクサウィザーズの起源!」AIP西日本事業部ってどんなことやってるの?

はじめにはじめまして!エクサウィザーズで執行役員とAIP西日本事業部の事業部長を務めています、長谷川大貴です。 学生時代は工学研究科で土木系の技術を学んでいました。2011年4月に新卒で東京電力、2013年10月にデロイトの大阪オフィスへ転職し、そこで西日本企業の業務改革、M&A、デジタル中継の策定等々、幅広いPJを多数経験してきました。
2018年にエクサウィザーズへ参画し、西日本の事業の立上げと拡大を実施してきました。何を思ってエクサウィザーズに来たのか等の記事も書いて

スキ
20