マガジンのカバー画像

Business Team | ExaWizards

56
ビジネス部門のメンバーや取り組みを紹介しています。顧客企業の経営課題の解決を目指す「AIプラットフォーム事業」と社会課題を解決する新規AIサービスの提供を担う「AIプロダクト事業… もっと読む
運営しているクリエイター

2021年1月の記事一覧

仕事で不幸になる人を減らしたい。キーエンスを飛び出し「働くとは何か」を探究する理由

「仕事が原因で命を落とす人を一人でも多く救いたい」 エクサウィザーズで活躍する“ウィザーズたち”を紹介するストーリー。今回は、京都オフィスにてAIソリューションコンサルタントを務める今井さんです。 博士課程の社会人院生としてコミュニティの研究に取り組んだり、大阪発のHRカンファレンス「ハタラキカタソニック」の代表も務めています。 過去にハードワークで体調を崩した経験から「生き方」を考えるために「働き方」を見つめてきたという今井さん。働くことへの捉え方を変え、どんな社会を

スキ
81

完全リモート下で進められたエッジAIカメラ「ミルキューブ」開発の裏側──緊急事態宣言による“会えない”環境で多拠点開発

画像解析×カメラのアイデアから、開発されたエッジAIカメラ「ミルキューブ(現名称:exa Base エッジカメラ)」。開発に立ちはだかったのは、海外を含む多拠点体制、緊急事態宣言による“会えない”環境、そして不確実性への挑戦でした──。 エクサウィザーズで活躍する“ウィザーズたち”を紹介するストーリー。 今回は開発チームである土倉さんと玉城さんが登場。開発から現在に至るまでの日々を振り返ります。 海外を含む多拠点開発を推し進めるコツーそもそもミルキューブとはどのようなサ

スキ
20

「学び」は「幸せ」のためにあるべきだ。元文科省官僚が挑む、テクノロジーと地域の融合による教育・まちづくり改革

「私は『学ぶことは幸せなこと』だと思っていて、幸せになるために教育を受けるべきだと思っているんです」 「エクサウィザーズ」で活躍する”ウィザーズたち”を紹介するストーリー。 今回は、大学院にて哲学の研究に取り組んだ後、文部科学省の官僚に、そして2019年にエクサウィザーズへ入社した経歴を持つ生田さんです。生田さんは今、文科省の仕事で培ったスキルを、自治体渉外の案件で発揮しています。そんな生田さんのエクサウィザーズに入社するまでの経緯や今後の野望などについておうかがいしまし

スキ
47

戦略コンサルから事業会社にきた頃の自分に「今だから」伝えたいこと

エクサウィザーズには戦略コンサルから転職して活躍している人がたくさんいます。コンサルで活躍してきた彼らも、事業をゼロから作ることは初挑戦。コンサル出身だからこその苦労がありました。 もし、転職したばかりの自分にアドバイスをするなら何を伝えるか。現在、各事業部で部長を務める4人に伺いました。 「自分のやりたいことは何か」を考えるーまずはコンサルから事業会社に移ってどんな挑戦があったのか、どんな変化を求められたのか、というところから伺えたらと思います。 大植さん「コンサルマ

スキ
43