マガジンのカバー画像

Member | ExaWizards

57
エクサウィザーズで働くメンバー(ウィザードたち)を紹介しています。ウィザードたちは何を求めてここに集まり、これから何を成し遂げようとしているのかーー。その想いや取り組みについて伝… もっと読む
運営しているクリエイター

2021年2月の記事一覧

飛び込み続ければ、道は開ける。台湾のタピオカ店日本上陸プロジェクト、カンボジアでの起業を経て目指すは、多様性の高い社会。

20代は『若者が自分の夢を描き、自ら叶えられる社会にする』が私のテーマでしたが、30代になり出産を経た今は『女性が自分らしく働ける社会にする』に変化しました。 「エクサウィザーズ」で活躍する”ウィザーズたち”を紹介するストーリー。 今回は、新卒で入社したベンチャーで、台湾のタピオカミルクティー発祥の店「春水堂(チュンスイタン)」日本事業を担当した後、カンボジアで起業し、エクサウィザーズへ入社した佐藤さんが登場します。 現在は戦略的な人員配置計画の立案を支援する「HR君h

スキ
40

「個性に良いも、悪いもない」IBMを経て挑む、個のクリエイティビティが活きる社会

「それぞれの個性に良いも悪いもないんです。自分の属性を隠さなくていいし、オープンであるがゆえにお互いを自然と知っていける。そんな会社にしていけたらなと思います」 「エクサウィザーズ」で活躍する”ウィザーズたち”を紹介するストーリー。 今回ご紹介する永瀬さんは、2020年1月、IBMからエクサウィザーズに移り、PM(プロジェクトマネージャー)、RobotTechのEM(エンジニアリングマネージャー)、BizDevなどさまざまな業務を経験してきました。多様性の高い組織づくりを

スキ
46

「どんな人でも自分にないものを持っている」。キヤノンを41歳で飛び出したMLエンジニアが作る、プライドと自律性のある場

「“実験場”と言うと少し大袈裟かもしれないですが、個人の裁量が大きいエクサウィザーズであれば、『若手が伸び伸びと活躍できる』理想の職場を作れると思っているんです」 「エクサウィザーズ」で活躍する“ウィザーズたち”を紹介するストーリー。 今回は、41歳でキヤノンから転職して、MLエンジニアになった佐藤正規さんにインタビューしました。 「真理を知りたい」という好奇心から数学や物理学に魅了され、部署や職種を転々としてきた佐藤さんがエクサウィザーズでMLエンジニアに辿り着くまで

スキ
26