マガジンのカバー画像

Business Team | ExaWizards

56
ビジネス部門のメンバーや取り組みを紹介しています。顧客企業の経営課題の解決を目指す「AIプラットフォーム事業」と社会課題を解決する新規AIサービスの提供を担う「AIプロダクト事業… もっと読む
運営しているクリエイター

2021年5月の記事一覧

AIはマーケティングをバージョンアップさせ、社会課題を解決できるのか?

2030年までに、高齢者向けの市場が世界最大の市場になると言われています。一方、2045年にはシンギュラリティを迎えると言われるように、AI技術も日々進化を続けています。 市場を見極め、技術を応用してきたマーケターたちは、次世代において、何を指標とし、どんな姿勢で臨むべきなのか。 エクサウィザーズ社長の石山とDXプロダクト事業部のリーダーで執行役員の前川が、AIと社会課題とマーケティングの関係性について語り合いました。 日本は次世代マーケターにとっての一丁目一番地石山:

スキ
24

元外コン採用チームが語る、新卒内定獲得の勝ち筋とは?採用の裏側を語る①

外コン・外銀出身者による座談会、全7回シリーズの2回目です。 コンサルの新卒採用ではどのような業務をしていましたか?羽間: 自分は採用のリーダーなどではなく採用のチームに属していて、その中でも書類選考からインターンまですべてのタスクフォースに入っていた形ですね。例えば自分がいた時は、一次面接と二次面接の問題をすべて作り変えることがあってそれをリードしていたり、あとAT Kearneyのインターンが個人ワークだったので、個人ワークをしている学生とキャッチボールをしながら裏側で

スキ
13

新卒は外コン?外銀?出身者が、得られる経験・スキル、キャリアパスを完全比較!エクサウィザーズ新卒の魅力とは?

外コン・外銀出身者による座談会、全7回シリーズの1回目です。 なぜ新卒で外資コンサルや外資銀行に入ったんですか?どのような経験が得られましたか?羽間: 自分は修士卒で就活していて夏のインターンでコンサルに内定したタイプだったのですが、インターン自体はかなり幅広く参加して、戦略コンサルも複数社、投資銀行のIBD・セールス・マーケ、またITベンチャーや大企業と、合計10社以上夏インターンに参加していた特殊な就活生でした。関西だったので一次情報がなさすぎて、とにかくどういう人がい

スキ
19

急成長企業の産業・社会課題×Tech フルスタックBizDevとして最短ルートで事業責任者へ!

最近エクサウィザーズでは、「フルスタックエンジニア」にちなんで「フルスタックBizDev」という言葉がよく聞かれます。フルスタックBizDevとはどのような人材のことなのでしょうか。執行役員/新卒採用責任者の羽間さんに尋ねてみました。 フルスタックBizDevとはどのような人材なのでしょうか。エクサウィザーズは、AIを用いた社会課題解決を通じて、幸せな社会を実現することがミッションの会社です。既に介護領域の課題を解決する音声認識と自然言語処理を組合せたAIプロダクトである「

スキ
15